一眼レフやミラーレスではなく高級コンデジを買った理由。

使っていたデジカメが普通の高倍率のコンデジで、最初はこれで満足していたもの、そのうち一眼レフやミラーレスが欲しいと思うようになり、コツコツとお金を貯め始めました。
1年くらいでカメラを買うお金は貯まったのですが、欲しいと思っていたミラーレスカメラとは別のやつが欲しくなり、これは安くなるのを待っていたらなかなか安くなりませんでした。

1年半くらいずっと安くなるのを待っている間に、他にも欲しいと思うミラーレスカメラが出てきて、さらにセンサーが1型の高級コンデジもいいと思うようになり、買いたいものはミラーレスと高級コンデジのどちらかひとつに絞りましたが、なかなか決めきれずずっと買えずにいました。

そして何度もいろいろ調べたりお店で触っているうちに、ミラーレスは一眼レフに比べれば小さいとっても何だかんだで嵩張るし、交換レンズを買うとお金もかかるし、ミラーレスの標準レンズと高級コンデジの明るいレンズを比べてもそう変わらないだろうと思い、かかるお金と携帯性重視で明るさもまあ強いし、ある程度ボケるので高級コンデジを買いました。

参考:一眼レフ買取.jp |一眼レフを高く売るならどこがいい?

家にあるものを撮理ながらカメラの操作を覚えて、オートではなく他の撮り方でいろいろ撮れるように、少し本格的にカメラを弄って行こうと思います。
高級コンデジでも普通のコンデジとはやはり画質が違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です