名作漫画!スラムダンク全巻買取で売って後悔

職場の後輩が突然、あのバスケ漫画の金字塔「スラムダンク」全巻を持って来たので、読んでみました。
やはり何度読んでも漫画名作です。
しかし、現役でバスケをしていたころに、スラムダンクを読んだ時とは違う所で泣けました。

昔は、「湘北VS山王」のラストの流川と桜木がハイタッチをするシーンで泣けました。
ベタですが。
今は、そこ以外でも結構泣いてしまいました。

不良グループが湘北高校バスケ部を潰しに来る話です。
バスケ部でもケンカが強い部員が、不良たちと体育館でケンカをしますが、その不良たちのトップ「三井寿」が、実はバスケ部で、最後には監督に向かって「バスケが、バスケがしたいです」と泣き崩れます。
ダーっと涙が流れてきてしまいました。

その後にバスケ部を守るために体育館にやってきた桜木軍団の、水戸洋平が全てを察知し、教師陣に対し「三井君が俺たちのグループを抜けて、バスケ部に戻るなんて言うから、ちょっと頭来て、やっちまいました。バスケ部も三井君も」と、話をでっち上げます。

それを察知した桜木軍団のその他メンバーも「実はそうなんです」「俺たちが」と話を合せます。

更に敵グループの番格「堀田徳男」にたいしても「な!堀田先輩!」「堀田番長!!」「堀田大統領!!!」と、お察ししろよ!と言わんばかりにプレッシャーをかけ、堀田も「そ、そうです。俺たちがやりました」と罪を被ります。

ヘタすれば退学処分になりかねない状況で、「なんて友だち思いなヤツらなんだ!」と、そこでもダーっと泣いてしまいました。

スラムダンクは、本当に何回読んでも飽きませんし、以前は自分もコミックを全巻持っていたのですが、漫画買取で売ってしまいましたけど、早まったかもですね。

参考:スラムダンク全巻買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です