借金しても欲しかったエルメスのバーキン。

学生のころ、ブランド物のバッグがほしくて、キャッシングを利用したことがあります。
今思えば、バッグぐらい・・・と思うのですが、その当時は、仲良かった友人たちが皆エルメスのバーキンを持っていたので、私もどうしてもほしかったのです。
“借金しても欲しかったエルメスのバーキン。” の続きを読む

一眼レフやミラーレスではなく高級コンデジを買った理由。

使っていたデジカメが普通の高倍率のコンデジで、最初はこれで満足していたもの、そのうち一眼レフやミラーレスが欲しいと思うようになり、コツコツとお金を貯め始めました。
1年くらいでカメラを買うお金は貯まったのですが、欲しいと思っていたミラーレスカメラとは別のやつが欲しくなり、これは安くなるのを待っていたらなかなか安くなりませんでした。

1年半くらいずっと安くなるのを待っている間に、他にも欲しいと思うミラーレスカメラが出てきて、さらにセンサーが1型の高級コンデジもいいと思うようになり、買いたいものはミラーレスと高級コンデジのどちらかひとつに絞りましたが、なかなか決めきれずずっと買えずにいました。

そして何度もいろいろ調べたりお店で触っているうちに、ミラーレスは一眼レフに比べれば小さいとっても何だかんだで嵩張るし、交換レンズを買うとお金もかかるし、ミラーレスの標準レンズと高級コンデジの明るいレンズを比べてもそう変わらないだろうと思い、かかるお金と携帯性重視で明るさもまあ強いし、ある程度ボケるので高級コンデジを買いました。

参考:一眼レフ買取.jp |一眼レフを高く売るならどこがいい?

家にあるものを撮理ながらカメラの操作を覚えて、オートではなく他の撮り方でいろいろ撮れるように、少し本格的にカメラを弄って行こうと思います。
高級コンデジでも普通のコンデジとはやはり画質が違います。

子供と一緒にはまるアニメDVD。

去年くらいから娘が「プリキュア」にはまっています。
プリキュアとは、子供向けのアニメで、中学生の女の子が妖精からもらった力で正義の味方に変身して、悪と戦うというストーリー。
10年以上前から放送されているシリーズで、小さい女の子には絶大な人気があるんですよね。

現在本放送しているのはシリーズ13作目になる「魔法つかいプリキュア」という、魔法使いの女の子たちが主役のシリーズで、お誕生日にこちらのおもちゃを買ったりしているのですが、実は娘が今本当にはまっているのは、最近アニメDVDをレンタルして観ている、シリーズ第1作目の「二人はプリキュア」なんですよね。

上の娘の時もこちらのシリーズは見ていたので、いくつものシリーズを見ているんですが、毎年番組の内容が練られていろいろな設定になっているみたいで、年々子供向けになってきていて、正直話の内容、大人は見て楽しめるものではないんですよね。
けれど、最初の方のシリーズは話に多様性があって、友情あり恋愛あり、人生の含蓄ありと結構面白いんです。

それで、アニメDVDレンタルも毎回2本ずつ借りて、後半に差し掛かってきました。
二人はプリキュアで面白いのは、主人公の二人のキャラが王道なところ。元気運動神経系キャラのなぎさと、しっかり者頭脳系キャラのほのかの対比、性格が違うからこそ魅かれあう、みたいなところ。

それと、敵キャラが彼女たちとの心の交流から、葛藤を経て、世界の侵略を諦めて自分から闇の世界へ帰って行ってしまうくだり、ここらへんがぐっときます。
大人が涙目になったりしてしまいます(笑)

その後のシリーズも話が面白かったり、キャラがかわいかったり、すごくよくできていますが、やっぱり第1作のこちらがオススメ。
ぜひ娘さんと一緒にアニメDVDを見てみてください!

参考:DVDを売るなら.com|DVD買取ならネット専門業者がおすすめ!

中古ショップで買えるもの買えないもの。

よく中古で物を買いたく無いという人がいます。
たとえば漫画本にしても新刊なら絶対に新品の袋に包まれた状態でほしいとなるわけです。
おそらく紙が酸化して茶色くなっている状態で読まされるのが不本意ということなのでしょう。

また、CDを買うにしてもディスクの汚れやキズがついていたら嫌だとこれまた新品で買う人がいるわけです。
たしかに早めにほしい場合とかは普通のCDショップやネット通販などを利用して買うのが手っ取り早いでしょう。

参考:CDを売るなら.com|CD買取ならネット専門業者がおすすめ!

しかしちょっと発売から時間が経過しているものとかは、新品では手に入らない場合も多いのです。
そういった場合はどうしても中古ショップで手に入れないといけなくなります。

単純にそこで諦めるのか、それとも何が何でもゲットしたいのかというのは人によって異なると思いますが、諦めがつく人なんておそらくほとんどいないものと思われます。

古着やアクセサリーなど実際に身につける系のものだと、なんか前に使っていた人を意識してしまって、気持ち悪いと感じてしまうことはあるかもしれません。
逆に中古であることでレアリティという価値がうまれるものもありますよね。

たとえばビンテージものですが、とくにジーパンなんかがボロボロの状態なのに、お値段がめちゃくちゃしちゃうものとかがあると思います。
ああいうのはちょっと理解に苦しむのですが、使い古された感じがクールさを生んで、むしろ希少価値の高いものとして崇められているようです。

結論としては人によって中古で買えるもののボーダーが異なるということです。