スラムダンクを全巻買取で売って後悔

職場の後輩が突然、あのバスケ漫画の金字塔「スラムダンク」全巻を持って来たので、読んでみました。
やはり何度読んでも漫画名作です。
しかし、現役でバスケをしていたころに、スラムダンクを読んだ時とは違う所で泣けました。

昔は、「湘北VS山王」のラストの流川と桜木がハイタッチをするシーンで泣けました。
ベタですが。
今は、そこ以外でも結構泣いてしまいました。

不良グループが湘北高校バスケ部を潰しに来る話です。
バスケ部でもケンカが強い部員が、不良たちと体育館でケンカをしますが、その不良たちのトップ「三井寿」が、実はバスケ部で、最後には監督に向かって「バスケが、バスケがしたいです」と泣き崩れます。
ダーっと涙が流れてきてしまいました。

その後にバスケ部を守るために体育館にやってきた桜木軍団の、水戸洋平が全てを察知し、教師陣に対し「三井君が俺たちのグループを抜けて、バスケ部に戻るなんて言うから、ちょっと頭来て、やっちまいました。バスケ部も三井君も」と、話をでっち上げます。
それを察知した桜木軍団のその他メンバーも「実はそうなんです」「俺たちが」と話を合せます。

更に敵グループの番格「堀田徳男」にたいしても「な!堀田先輩!」「堀田番長!!」「堀田大統領!!!」と、お察ししろよ!と言わんばかりにプレッシャーをかけ、堀田も「そ、そうです。俺たちがやりました」と罪を被ります。
ヘタすれば退学処分になりかねない状況で、「なんて友だち思いなヤツらなんだ!」と、そこでもダーっと泣いてしまいました。

スラムダンクは、本当に何回読んでも飽きませんし、以前は自分もコミックを全巻持っていたのですが、漫画買取で売ってしまいましたけど、早まったかもですね。

参考:スラムダンク 全巻買取価格の相場は?

オデッセイの中古車人気と買取相場

オデッセイはホンダのミニバンです。
少し前の話ですが、よくオデッセイに乗っていた時期がありました。
昔の彼氏の車だったからです。

彼氏の車でしたが、私もたまに、運転させてもらいました。
今思い返すと、彼氏の車とはいえ、他人の車を運転したのは、けっこう勇気のあることをしたなぁと思っています。

オデッセイの乗り心地の感想は、窓が広い!です。
とにかく運転しやすいですね、この車は。
窓が広いので、軽自動車にしか慣れていない人でも、乗用車デビューにいいかもしれないです。

外観は、運転初心者には少し怖いかな。
という印象もあるかもしれませんが、実際に乗ってみるのと、外から見ている感じとは全然違います。
やっぱり何でもそうですが、とくに車に関しては、乗ってみる、興味のある車種には試乗してみる。

これは本当に大事だと思いました。

私は、今現在、残念ながら別の車に乗っています。
今の車がそろそろ寿命かな?というころに手放したときは、オデッセイを購入しようと思っています。

理由としては、フロントガラスが広いので運転が下手な人にも向いているからです。

全体的に見晴らしがとても良いです。
それから、とてもカッコイイですよね。

見た目もかっこよくて、フロント窓の見晴らしが、他の車にはまず、無いほどの外全体の見やすさ、いろいろな車に乗ってきましたが、これはこの車だけが実現していることです。

ただ、新型が発売されるので、中古車の下取り価格が下がっているみたいです。
オデッセイを高く売るなら、中古車買取専門店に売るのが良いと思います。

参考:オデッセイ買取

カメラ買取で相場より高く売るならどこがいい?

カメラ買取ビックカメラ

長年愛用してきた一眼レフですが、使わなくなったので、ビックカメラで買取してもらうことにしました。
買取にあたり、他の店舗ではなくビックカメラを選んだ点については、査定のスピーディーさと事前に金額が把握できることです。

たくさんの機種を扱っているため、古いものでも大丈夫なケースが多いです。
また他の業者と違い、ビックカメラは他店での購入品も対象であり、私も確認したら対象でした。

そしてビックカメラの買取ページを開くと、概ねの査定金額が記載されており、自分の一眼レフを売ったときのおおよその見積もりが分かります。
私が売ったとき、劣化や小さな破損などもあり全く同じ金額ではありませんでしたが、それでも概ね逸脱のない金額でした。

値段はお店側に委ねられることが多いため、事前に知れるというサービスはとてもありがたく信用になりました。
そしてカメラ買取の査定も、カウンターで手続きを済ませたら後は待つだけです。

独自の査定方法を用いているとのことで、時間のない私にはとても助かりました。
実際の待ち時間も数十分も経たない程度であり、適切な査定をスピーディーに行っていただけたのでとても満足しています。

参考:https://カメラ買取.jp/

カメラのキタムラ買取

カメラを買取してもらいたいと思っている人も多くおられると思います。
特に高価な一眼レフは、専門店に持ち込むと、正確な査定をしてくれるので、専門店で買い取ってもらうことをおすすめします。

いろいろありますが、カメラのキタムラで買い取りをしてもらうこともできます。
カメラのキタムラでの方法は、まずトクトク買取の対象商品にあるかどうか探すことができます。

対象商品であれば、オンライン見積もりの画面を印刷します。
申込みフォームから梱包キットを手配します。

届いた箱に身分証明書、品物、見積もりを印刷した紙を同封してヤマト運輸直払いで送ります。
このような流れで査定まで行うことができます。

カメラ買取を行ってもらう方法は難しくなく、とても簡単に行うことができます。
トクトク交換とい制度もあり、トクトク交換対象の商品を購入の際に対象商品に下取りすることにより、定額よりも高く下取りしてもらうことができます。

ただし、トクトク買取で下取りしてもらう際はバッテリーや充電器などの付属品が無いと対象外となることがあります。
この点に注意する必要がありますが、買い取りを考えているならば、利用した方がお得な査定金額となります。
参考にしてください。

カメラ買取アローズ

新しいカメラを購入するなど様々な理由でカメラを売りたいと考えている方も多いと思います。
その際にはどこの買取サービスを利用するのかが重要になります。

カメラ買取についてインターネットで調べると数多くの業者が存在するので迷ってしまいます。
数ある業者の中でも、アローズは評判が良くて高価査定が期待できるのでオススメです。

アローズの買取方法は店頭と宅配の2つがあります。
すぐに現金が欲しい場合や仕事等で忙しい場合など状況によってそれらを使い分けることができます。

また宅配の場合は、送料や振込手数料が掛かる店舗と無料の店舗があります。
アローズの場合は後者の方で、査定料・送料・振込手数料などは無料で特に条件なども無いので気軽に利用することができます。

宅配を利用する時に手頃なダンボールなどが無くて困ってしまう場合があります。
その点もアローズなら安心で梱包材が無いなら無料で用意してもらうことができます。

利用方法も簡単で査定や入金も早いのでアローズのサービスは全体的に利便性が高いです。
それと同じくらい魅力的なのが期間限定のキャンペーンでそういったタイミングを利用すればよりお得に売ることができます。

カメラ買取は色々とありますが、中でもアローズのサービスは全体的に質が高いです。
愛機を売りたいと考えている方はぜひアローズの利用を検討してみてください。

CDを相場より高く売るならどこがいい?

CDを売るなら、まんだらけ?

まんだらけの店舗にてCD買取をしてもらいました。
まんだらけで良かったと思う点は、マニア向けのCDを売るなら高値がつきやすい点です。

アニメやゲームミュージックなどは、まんだらけの得意とする分野ですので、他店よりも買取に力を入れているようです。
人気声優のCDを売るなら特に高値がつきやすく、自分では価値がないと思っていたものでも驚きの高値がついたりしました。

持って行ったCDの中からちらほらと高値のものがあったので、買取金額の合計は、予想していた金額よりもはるかに高い額になりました。

逆に、まんだらけの買取で悪いと思った点は、マニア向け以外はあまり値段が付きません。
普通のポップスやロックなどの場合は、他店での査定価格よりも低い感じがしました。
全く値がつかないものも多かったので、まんだらけの場合はマニア向けのCDを売る場合に利用するお店でしょう。

また、査定が終わるまで時間が長かったのもマイナスな点です。
申し込み順で査定をしていくので、自分の番が来るまで待たなければいけません。

私が利用した時には3時間ほど待たされました。
さすがに3時間の時間をつぶすのには苦労しました。

参考:CDを売るならどこがいい?CD買取店舗のおすすめはどこ?

CDを売るならブックサプライ?

不要になったCDを売りたいと思ったので、良いところは無いかと探してみたら、ブックサプライという買取店の評価が高かったので売ることにしました。
ブックサプライでは簡単に買取価格が調べられるのでチェックしてみたら予想以上に高く売れそうだったので、それなら良さそうだと思って利用することにしました。

個人的に宅配買取を利用する際には送料がどうなるかが重要だと考えているのですが、ブックサプライは10点以上売るか、査定額が2000円を越えるだけで簡単に無料になるので気軽に利用できて良いと感じました。

また読まなくなった本も一緒に売ろうと思ったので手頃なダンボールが無くて困ってしまったのですが、ブックサプライは10箱まで無料で用意してくれるのでその点も便利でした。

査定や入金に関しては可もなく不可もなくといった感じだったのですが、大きな減額などは特に無くて事前に調べた金額とそう変わらなかったので概ね満足することができました。

強いて悪いところを挙げるなら査定と入金があまり早くないところが若干気になりましたが、それ以上に他の面で満足できたので総合的に考えれば特に問題はありません。

気軽にCDを売ることができて査定金額もそこそこでした。
ブックサプライはまた利用したいと思える買取店でした。

CDを売るならハードオフ?

私は数年前に断捨離を行った時に、かなりの枚数を処分しました。
不要なCDを地元にある買い取りショップのハードオフに持って行きました。

私は洋楽が好きなので、多くあったのですが、高くても1枚100円程度でした。
100円の査定が付けばまた良い方なのかもしれません。

J-POPではメジャーではありませんが、以前かなりファンになったアーティストのCDがたくさんあり、それも買い取ってもらいました。
ファンの間ではかなりレアで手に入りにくいものもあったのですが、ほとんど二束三文の値段になってしまいました。

別のルートで買い取りをしてもらえば、もっと高値で売れたかもしれません。
しかし、当時の私の目的はCDを売ることではなく、断捨離が目的だったので、わずかでも収入になれば良いという程度でした。

現在はどうしても残しておきたいCDだけを残していますが、その中でも実際に聴いているのは数枚程度です。
もしかしたら、いずれまた今手持ちのほとんどをショップで買い取ってもらうかもしれません。

しかし、思い入れや愛着があるので、あまり安値で売ると、それはそれで寂しい感じがします。
思いと査定額は比例しないことはわかっているのですが、それでも残念な気がしてしまいます。

ブックオフでCD買取した体験談

CD買取をブックオフに依頼した体験談

私は、CD買取をしてもらいたいと思い、ブックオフに持って行ったことがあります。
その時は引っ越しを考えていて、大量のCDが自宅にありましたが、既にあまり聞かなくなっていましたので、一気に売りたいと思いました。

しかし、オークションなども考えましたが、買い手がすぐに見つからないと思いましたので、ブックオフが近くにあったので、持って行きました。
大きなバッグに持って入れて、そして持って行ったので、すぐに査定をしてもらうことが出来て、全て売ることが出来ました。

ブックオフで買い取ってもらうことによって良かった点は、すぐにその場で買取をしてもらうことが出来たことと、古くて価格が付かないものも処分してもらうことが出来て、こちらで処分する手間を省くことが出来たという点です。
また車で行くことが出来ましたので、重い荷物を運んだり、郵送する手間も省けるというのがメリットだと思いました。

悪いと思った点は、買い取り価格が安かったことです。洋楽が好きなので、洋楽のCDでレアなものもあったのですが、こちらも値段は通常の中古のCDの買い取り価格と同じでしたし、レアだからといって関係ない様子でした。
これが少々不満でしたが、売って後悔はありません。

参考:CD買取りんく

CD買取でブックオフの宅配買取を頼んでみた!

音楽好きな我が家には、ものすごく大量のCD(DVDも)が存在していました。
しかし、時代は音楽の”データ”があれば事足りるようになってしまい、CD達も、購入しデータをコピーし解説を一通り眺めれば不要になってしまったもの達ばかりで。。。

しかしながら、どのCDもやはり愛着があるわけです。
もしもどちらかにお譲りしたとしても、倉庫に葬られるのではなく、それを「欲しい」と思ってくれる人のところに渡って欲しいですし、買取価格だって原価の半分とまではいかないものの、それなりのお値段をつけて欲しいと思うのがオーナー心。

そこで、いろんな音楽専門ショップなどをインターネットで調べました。
私のCDはクラシックの、それもマニアックなものが多かったため、さまざま調べたのですが、、、最終的にネックとなったのは、「買取方法」でした。

我が家には車がなく、自力で買い取り業者まで持っていくことができません。
段ボールにパッキングしたとしても、出荷にも手間がかかるし。

最終的に選んだ方法は、本当にありふれた方法ですが、ブックオフの宅配買取でした。
先ほども書いた通り、本来なら、オタクな買取業者に私的な適正価格をつけてもらいたかったのですが・・・

でも、ブックオフにお願いしてよかった点というのがあります。
それは、本もDVDもゲームも、すべてまぜこぜにして引き取ってもらえるという点です。

CDの買取価格については、正直ビミョーでしたが、家の中がいっきにスッキリと片付いたという点において、やはりこの選択にして正解だったと思います。

ブックオフでCD買取を行った体験談

CDはたくさん溜まっていたのですが、そのままになっていました。
子供が集めている分など、家族の不要となったCDを集めるとなんと30ぐらいあったのです。
もう使うこともないし、それらを処分することにしました。

処分をするために買取してもらったのは、ブックオフです。
そこは直ぐに行くことが出来るので、即現金収入できるところがいいですね。
待つことがないので、とても嬉しいです。

しかもそこでまた新しいCDを見つけることもあり、査定をしてもらう時間も有効に使うことができるのはメリットと感じます。
本やCDなど、待ち時間について退屈ではないのはとてもいいです。

価格については、こんなものかなと思うことがあります。
しかし宅配買取を依頼した友人に聞くと、かなり高かったらしいので価格面ではちょっとと思うこともあります。

またCDの状態の悪いものは、返品となりました。
その返品となる数も、かなり多かったです。

宅配買取では、そんなことが少ないと聞きます。
それだったら、価格を重視するなら宅配買取のほうが有利なのかもしれません。

直ぐに片付けをすることができて、現金を受け取ることを目的としたら、ブックオフでも十分です。
多くある場合は、検討することにします。